相談する

医療用の照明

現在不妊治療を行っている夫婦は年々増えており、それに伴い不妊治療を行っているクリニックも増えています。このような治療は婦人科などで受けることができますが、最近では不妊治療を専門に行っているクリニックもあります。不妊治療をはじめたい夫婦は、まずこのようなクリニックを受診し相談してみましょう。不妊治療はすぐに良い結果に繋がる場合もありますし、結果が得られず長く治療を続ける場合もあります。長く治療を続ける場合、精神的にも体力的にも大変になりますので相性の良いクリニックを見つけることが大切です。クリニックによって治療方針が違いますので、ご自分の希望と違っている場合は他のクリニックを受診することをおすすめします。相性の良いクリニックを見つけることで良い信頼関係が築け、さらには良い結果へと繋げることができます。

現代の日本は晩婚化が進み、それに伴い妊娠を希望する夫婦の年齢が高くなっていることから不妊に悩む夫婦が増えています。夫婦の年齢が高くなってしまうと、精子の運動率が低くなってしまったり、卵子の老化が問題になります。妊娠や出産の適齢期は35歳くらいまでといわれており、高齢になると自然妊娠が難しくなります。また高齢になればなるほど妊娠率が低くなってしまうため、なかなか子供を授かれない夫婦は不妊治療をはじめるのです。そして高齢の女性が出産する場合、胎児に影響が出たり母体の負担も大きくなるため、出産のリスクが高まります。このようなリスクを回避するために、高齢の夫婦は子供を授かれるように早めに不妊治療をはじめています。