方針を決めておく

カラフルな丸薬と水

 不妊で悩み、不妊治療を相談する場所で考えるのは病院でしょう。医師は専門医療について学んだスペシャリストで、検査データ・身体の状態を診て治療方針を判断します。その際に患者の訴えを聞くことも大事なことですが、患者の感情移入した理屈に合わない話を聞くのは苦手な医師もいます。また、診療時間にも限りがあり、患者のすべての話をしっかり聞くことは難しいです。 そこで不妊治療カウンセラーが存在します。カウンセラーは患者の訴えを真摯に聞いてくれます。話を聞いてもらいたい場合はカウンセラーとの時間を設けることが必要です。事前に電話か受付でカウンセリングを希望していることを伝えてください。それにより悩みや疑問点を解消できます。

 不妊治療では、病院への通院日や回数などは個人の体調により左右されたりするので、はっきりした計画を立てるのは難しいものです。そのため、不安や悩みを感じる人がいます。カウンセリングでは診察や治療の中での感じる疑問や悩みに細かく対応します。家族関係や仕事などのストレスを軽減するためにも役立ちます。不安な気持ちを一緒に考え、解消することで不妊治療を安心して進めることができます。 カウンセリング料金は各医療機関、病院により異なります。初回料金は無料で2回目以降は料金がかかる場合や、初回料金は安く2回目以降は通常料金がかかる場合などです。同じ病院でも時間により費用が異なることもあります。大体、1時間で5000円程度となっています。