把握すること

赤ちゃんの手を握る手

子供が欲しいからと言ってすぐに出来る訳ではありません。自己流でタイミングを狙ったつもりでも全く妊娠に至らないという人はタイミングが間違えているかもしれません。インターネットなどで排卵日の計算などが出ていますが、基本的に28日周期の人を基準としていますから当然周期の長さによって排卵日がズレてくるのです。そんな時に役に立つのが排卵検査薬です。排卵検査薬の使い方は妊娠検査薬と同じような要領です。尿に含まれているホルモン数値によって排卵日を特定するというものです。排卵日特有のホルモンがありますから検査薬が陽性になればホルモンが分泌されていることになりますので排卵が近いという訳です。そのタイミングを狙えば確率は上がるでしょう。

排卵検査薬で大まかな排卵日が分かれば、日を狙ってタイミングを計ることが出来ますからなかなか夫婦生活を持つことが出来ないひとにとっては排卵検査薬はとても役に立ちます。排卵検査薬を使用するとともに基礎体温なども付けておくとより一層排卵日を把握しやすいとも言えます。それと共におりものなどを日々チェックしておくと良いでしょう。おりものに関しては個人差があるので何とも言えませんが、一般的には伸びるおりものが出たら排卵が近いと言われています。そのタイミングを狙うのも良いかもしれません。排卵日に精子が体内に存在している方が受精の確率は上がりますので排卵日当日よりも前日や前々日の方が妊娠の確率が高くなります。